opereation
FAQ
morene
汎用 受注管理設定操作

①受注CSV作成の資料【汎用】

201-5


汎用は受注伝票有効化、受注CSVファイル取込のどちらにも対応しております。ご都合のよい方をご利用ください。

汎用受注CSVサンプル

↓ 汎用受注CSVサンプルをダウンロード ↓

※ファイルがダウンロードできないときは
[右クリック]>[名前を付けてリンク先を保存]または
[右クリック]>[対象をファイルに保存]で保存してください。

※拡張子は[.csv]で保存してください

資料

※必須項目の場合、CSVファイルの1行目に項目名が必要です。
※必須以外の項目は列ごと削除可能です。
※項目の並びは順不同です。
※[タイプ]が【数値】の項目に、桁区切りの「,(半角カンマ)」は使用できません。
※商品明細行は100明細以上取り込まないでください。伝票更新ができない原因になります。

CSV項目名 必須  タイプ 文字数 内容 設定される画面上の項目名
1 店舗伝票番号  ● 文字列 30(半角英数字)
※記号は半角ハイフンのみ
同じ店舗に同じ店舗伝票番号のデータは二重では入りません。 受注番号
2 受注日   ● 文字列 19 形式は YYYY/MM/DD hh:mm:ss でお願いします。 受注日
3 受注郵便番号   ● 文字列 20 ハイフンは削除して取り込まれます。 購入者郵便番号
4 受注住所1   ● 文字列 255   購入者住所1
5 受注住所2   文字列 255   購入者住所2
6 受注名   ● 文字列 100   購入者名
7 受注名カナ   文字列 100 全角のカタカナで設定をお願いします。 購入者かな
8 受注電話番号   文字列 20 ハイフンは削除して取り込まれます。 購入者電話番号
9 受注メールアドレス   ● 文字列 100   購入者メールアドレス
10 発送郵便番号   ● 文字列 20 ハイフンは削除して取り込まれます。 発送先郵便番号
11 発送先住所1   ● 文字列 255   発送先住所1
12 発送先住所2   文字列 255   発送先住所2
13 発送先名   ● 文字列 100   発送先名
14 発送先カナ   文字列 100   発送先かな
15 発送電話番号   ● 文字列 20 ハイフンは削除して取り込まれます。 発送先電話番号
16 支払方法   ● 文字列 20 例)代金引換 支払区分
17 発送方法   ● 文字列 20 例)宅配便 発送区分
18 商品計   ● 数値 0~1000000000   商品計
19 税金   数値 0~1000000000 「商品計」「商品価格」が税込での金額設定の場合は0と設定してください。 税金
20 発送料   数値 0~1000000000   発送金
21 手数料   数値 0~1000000000   手数料
22 ポイント   数値 0~1000000000 利用ポイントを設定してください。 ポイント
23 その他費用   数値  -1000000000~1000000000 この項目のみマイナスの数字を設定できます。 その他費用
24 合計金額   ● 数値 0~1000000000 商品計+税金+発送料+手数料-ポイント+その他費用とイコールになる様設定してください。 総合計
25 ギフトフラグ   ●  数値 0か1 0:無し1:有り ギフトフラグ
26 時間帯指定   文字列 20 「時間帯指定」項目の値+「備考」項目の値が備考に取り込まれます。 備考
27 日付指定   文字列 10 形式は YYYY/MM/DD でお願いします。 配達希望日
28 作業者欄   文字列 10000   作業用欄
29 備考   文字列 10000 改行コードは削除して取り込まれます。 備考
30 商品名   文字列 255   商品名
31 商品コード   ● 文字列 30(半角英数字
※記号は半角ハイフンのみ
  商品コード
32 商品価格   ● 文字列 0~1000000000   売単価
33 受注数量   ● 文字列 0~1000000000   受注数
34 商品オプション   文字列 255   商品op
35 出荷済フラグ   ●  文字列 0か1 0:通常取込
1:出荷確定済にする
※取り込む受注データを強制的に[出荷済み]にしたい場合のみ設定して下さい。
[1]を設定された場合、
作業用欄へ「[汎用]CSV取込で出荷確定済にしました。」
と文言が追記され、強制的に受注状態が[出荷確定済み]になります。
[出荷確定日]は当データを取り込んだ日付が入ります。
※1:出荷済フラグ[1] ご利用時の注意を必ずご確認ください
 
36 顧客区分 文字列 0か9か99 0:通常顧客
9:卸顧客
99:ブラック顧客
※1 顧客区分は任意の項目ですが、受注CSVに含める場合は全ての受注に対していずれかの値を記入してください。
37 顧客コード 数値 4文字

※1:出荷済フラグ[1] ご利用時の注意

※[出荷済フラグ][1]の機能は、「本システム内に存在しない過去の受注を取り込むこと」を目的としています。

1:受注ステータスと在庫引当
[出荷済みフラグ]を[1]にして本システムに受注CSVを取り込んだ場合、受注ステータスは「出荷済み」になりますが、在庫の引き当ては行われません。(在庫は変動しません)

2:商品マスタの登録が無い場合
[出荷済みフラグ]を[1]にした受注CSVに、商品マスタの登録が無い商品が含まれていると受注伝票の修正ができない場合があります。その際は、本システムに該当の商品マスタを登録してください。

3:出荷確定戻し・売上返品処理
[出荷済みフラグ]を[1]にして本システムに受注CSVを取り込んだ後、[出荷確定戻し]または[売上返品処理]が出来た場合、在庫数がずれる場合があります。


4:[新規受付]ステータスの受注伝票について
受注ステータス「新規受付」に存在する受注伝票に対して[出荷済みフラグ]を[1]で汎用受注CSVを取り込むことはできません。


5:自動送信メールについて
[出荷済みフラグ]を[1]にして本システムにCSVを取り込んだ場合、自動送信メールは送信されません。
※下図のように自動送信停止処理に全てチェックが入った状態となります。


 

次は②受注一括登録をします。

TOPへ戻る ↑