本サイトには古い情報を含むページがあります。
新サイトへ移動する場合はコチラをクリックしてください。

”仮取込時過剰引当分の戻し”とは?

198-32

「仮取込時過剰引当分の戻し」が受注伝票に表示されています。これは何でしょうか?

簡潔に表現すると ”メールとCSVファイルの注文情報が異なるとき” に表示されるメッセージです。

仮取込時過剰引当分の戻しとは?

【本システム画面】

[仮取込時過剰引当分の戻し]と表示されることがあります

どういうときに表示されるのでしょうか?

例)テスト商品01が2個注文されている受注メールをシステムに取り込みます

本システムは在庫を2個引き当てます

その後・・・

該当の伝票のCSVファイルを取り込んだところ、

注文情報が変更されており、注文個数が2個→1個に変化

していました

受注メールと比較して、受注CSVでは注文商品が1つ減ってしまった!

本システムは受注メール取り込みの時点で在庫を2個引き当てているので、引当数を2個→1個に変更しようとします

本システムは受注CSVの情報を優先するので、受注メールの受注数2個を受注CSVの受注数1個で上書き・・・

過剰に引き当てた在庫を1つ戻すために新しい明細行を作成し・・・

更に・・・

その明細をキャンセルすることで・・・

引き当てを1個戻します。

このような流れで[仮取込時過剰引当分の戻し]という表示が現れます

ワンポイントアドバイス

[仮取込時過剰引当分の戻し]が表示されている伝票も通常の伝票と同じように処理が可能です。特別に生じる作業はありません。 文言が納品書、メールに出力されることもありません。


TOPへ戻る ↑