opereation
FAQ
morene

在庫連携機能しか使わない場合【Amazon】

在庫連携機能しか使わない場合の設定方法と運用手順です。

■全体のイメージ図

必須:受注の自動取込設定

Amazonからの注文に対してなるべく早く在庫を確保するため、保留・予約の注文を取り込む必要があります。 設定方法は、下記マニュアルをご参照ください。


運用:受注伝票の処理方法

Amazonにて注文が確定すると、APIによって自動で[確認待ち]~[印刷待ち]ステータスに振り分けられます。
[出荷済み]ステータスまで動かすためには、それぞれのステータスにて操作をする必要があります。

[確認待ち]に止まった伝票の処理方法

【本システム画面】

1:「確認待ち」を選択

2:Amazon店を選択

3:[検索]
Amazon店の「確認待ちステータス」の受注が検索結果に表示されます。

【本システム画面】

1:状態が「起票済(CSV/手入力)」の受注伝票のみをチェック
※状態が「取込情報不足」の受注伝票はチェックしないでください。
ステータスの表示件数から消えてしまいます。

2:「この結果に対して実行したい処理を選択」をクリック

3:[一括確認]をクリック

確認ダイアログが出るので「OK」をクリック

対象の受注伝票に、一括で確認チェックが入りました。
次は「印刷待ちステータス」にあるAmazonの受注伝票を一括で出荷済に処理します。

ワンポイントアドバイス

状態が「取込情報不足」の受注伝票がある場合は、個別に受注伝票を開き、不足している情報を入力して処理を行ってください。
また、支払発送変換設定 がされているかどうかご確認ください。

[印刷待ち]→[出荷済]に伝票を移動させる(納品書ダウンロード)

【本システム画面】

1:「印刷待ち」を選択

2:Amazon店を選択

3:[検索]
Amazon店の「納品書印刷待ちステータス」の受注が検索結果に表示されます。

【本システム画面】

1:「全て選択」をクリック
※検索結果の受注伝票全てにチェックが入ります。

2:「この結果に対して実行したい処理を選択」をクリック

3:[納品書ダウンロード]をクリック

1:[受注状態を「出荷確定済み」に更新する。]をクリック
※検索結果の受注伝票全てにチェックが入ります。

2:[ダウンロード]をクリック

納品書がダウンロードされ、対象の受注伝票が出荷済になります。
ダウンロードした納品書は
削除しても構いません。


TOPへ戻る ↑