opereation
FAQ
morene

注文確定待ち時間の設定【楽天市場】


楽天市場にて、購入者の注文キャンセルや変更を受け付ける場合に必須の設定です。
注文確定待ち時間を設定することにより、対象の時間は受注APIが受注取込をスキップします。

※本設定は楽天市場のガイドライン(2016年06月02日制定)に伴う内容です。
※本マニュアルページでは、下記を前提として設定方法をご案内しております。
 ≪楽天市場の[新規受付]ステータスのみ、注文キャンセル・変更を受け付ける場合≫

※在庫の動きについて
受注メール取込にて[新規受付]に作成された受注伝票には、通常通り在庫の引当が行われます。
キャンセルが発生した場合、受注APIがキャンセル情報を取込んだ時点で在庫の引当が外れ、フリー在庫に戻ります。

1:設定前後のイメージ

■本システムの「注文確定待ち時間」未設定 (または0分に設定) の場合
注文時間からの経過時間に関わらず、本システムの受注APIが受注を取得します。
これにより楽天ステータスが処理済に移行し、キャンセル不可となります。

■本システム「注文確定待ち時間」を30分に設定した場合
注文時間から30分経過していない場合、受注APIの取込をスキップします。
30分経過後、次に受注APIが動作したタイミングで受注を取り込みます。

2:楽天市場での設定

購入者のキャンセルや注文変更を受け付けるためにはRMSでの設定が必須です。
ガイドラインの内容や設定方法につきましては、下記のRMS店舗運営Naviをご確認ください。

※楽天店舗運営Navi (要RMSログイン)
「購入履歴からの注文内容の変更・注文商品のキャンセル」機能を設定する

3:設定場所と設定方法概要

<本システム画面>


1:[設定]>[基本]>[API]をクリック



2:楽天店舗を選択


3:下記3項目を登録


※設定前に本マニュアルの4~6をご確認ください。
「注文確定待ち時間」
「注文確定待ちの回避時間帯」
「新規受付キャンセル理由」


4:[設定を保存]をクリック

4:「注文確定待ち時間」の設定

受注APIが「キャンセル可能時間」とみなして取込をスキップする時間を設定します。
楽天で注文が入ってから設定時間が経過した受注のみがAPIの取込対象となります。

例)「30分」を選択

楽天で注文が入ってから30分経過していない受注は取込をスキップします。
30分経過後、次に受注APIが動作したタイミングで受注を取り込みます。

ワンポイントアドバイス

■注文確定前に楽天側でキャンセルされた場合は?
注文確定前に楽天側でキャンセルされた場合、受注メールの取込有無によって動作が異なります。
1:楽天の受注メールを取込んでいる場合は[新規受付]の受注をキャンセルします
2:楽天の受注メールを取込んでいない場合は何も行いません


■注文確定前に楽天側で一部商品のみキャンセルされた場合は?
注文確定待ち時間経過後、該当の商品明細行がキャンセルされた状態で受注伝票が[確認待ち]以降に移動します。
この際、受注伝票の商品名に「仮取込時過剰引当分の戻し」と記載される事がありますが、影響はありませんので通常通り受注処理を行ってください。

 ※参考マニュアル
  「”仮取込時過剰引当分の戻し”とは?」 

5:「注文確定待ちの回避時間帯」

楽天側での受注日時に関わらず「注文確定待ち時間」を無視して取込を行う時間帯を設定します。
あす楽をご利用で、出荷時間帯はなるべく早く受注を取込みたい場合などにご設定ください。

◆設定例と受注APIの動作例
・注文確定待ち時間「30分」
・注文確定待ちの回避時間帯「15:00~16:00」
―――――――――――――――
・14:50 楽天側にて受注
15:00 受注APIが動作
  ↓
受注APIが動作したタイミング15:00が回避時間帯に含まれるため、注文確定待ち時間「30分」の経過を待たずに受注取込を行います。

6:「新規受付キャンセル理由」の設定

注文確定前にキャンセルされた場合の本システム受注伝票のキャンセル理由を選択します。

例)「都合によりキャンセル」を設定
注文確定前に楽天側でキャンセルされた場合、本システム[新規受付]の受注伝票を「都合によりキャンセル」でキャンセルします。


TOPへ戻る ↑