opereation
FAQ
morene
楽天市場 在庫管理

【重要】在庫連携ご利用時の注意【楽天市場】

  1. 【商品コードルール】
    商品コードに使用できる文字は半角英数半角ハイフン30字以内です。
    楽天市場の商品管理番号31文字以上の企業様は在庫連携が行えません。
  2. 【楽天市場への事前申請】
    ・在庫連携を行う場合は、楽天市場「CSV商品一括編集申込」への申請が必要になります。
     月額10,000円~(税抜)
     ※申請されない場合、FTPでの在庫連携はできません。モール商品CSVの出力もできません。

    ・FTPで在庫連携を行う企業様は、在庫APIへの申請は不要です。

  3. 【複数ページ掲載について】
    1つの商品を複数ページに掲載した場合の在庫連携は保障しておりません。
  4. 【再入荷お知らせボタンについて】
    RMS側で「再入荷お知らせボタン」をつける設定をしている商品は、以下の場合、在庫連携ができません。
    1. 本システムの商品区分が[受注発注]の場合
    2. 本システムの商品区分が[予約]、且つ予約在庫数が99999の場合
  5. 【通常購入以外の受注について】
    RMS上で「定期購入」「頒布会」「楽天スーパーオークション」扱いの商品は在庫連携対象外です。受注管理に関して、受注メール、受注CSV取込は対応しております。
  6. 【倉庫に格納した商品について】
    RMSで倉庫に入っている商品にも在庫連携は行われます。(勝手に販売状態になることはありません)
  7. 【在庫切れ表示の回避方法】
    本システムのフリー在庫数を0にして在庫連携を開始した場合、該当商品は楽天市場の在庫数が「在庫切れ」の表示になります。
    ※RMSで「在庫設定しない」の設定にしている場合も在庫切れの表示になります。
    ※商品区分を[予約]、予約在庫数に[99999]を入力すると無限売りの設定になり、在庫切れの表示を回避できます。この場合、在庫数は99999になります。 
  8. 【在庫連携の確認方法】
    在庫連携ができているかどうか、在庫連携確認機能で確認できます。
  9. 【納期の自動連携について】
    商品マスタの納期情報の納期区分が何も選択されていない場合、その商品の納期情報は楽天へ反映されず何も影響がありません。

TOPへ戻る ↑