opereation
FAQ
morene

③本システムでの設定(在庫API)【楽天市場】

121-59 dd010

 

設定概要

在庫API機能をご利用いただく際に必要な本システム側の設定です。
設定したAPI承認情報の削除方法も併せてご確認ください。
※在庫APIをご利用の場合、FTPのID・パスワード設定は不要です。

STEP1 ライセンスキーの登録と利用API選択


<本システム内>

1:[設定]>[基本]>[API]をクリック


■手順

2:楽天店を選択

3:楽天店の店舗URLを入力
※店舗URLは以下のXXXXの部分のみ入力
http://www.rakuten.ne.jp/XXXX/
http://www.rakuten.ne.jp/gold/XXXX/


4:RMSで取得したライセンスキーを入力


5:利用するAPIの種類をチェック


6:[設定を保存]をクリック

  ↓

ライセンスキーを利用したAPI連携が可能な状態となります

STEP2 本システムの自動実行処理を起動にする

【本システム画面】

引当処理:起動

モール商品CSV取込:起動

在庫更新処理:起動



[自動実行処理を変更]

STEP3 店舗設定で利用する機能を選択する

1:[設定]→[基本]より[店舗]をクリック

2:設定を行う店舗名をクリック

3:[編集画面を開く]をクリック

4:下記項目の設定状況を確認し、必要に応じて修正を行う
■在庫連携
自動でチェックが入っています。
不要な場合はチェックをはずしてください。

■(β版)ページアップロード
(対象:楽天、Yahoo、Dena、ポンパレ)
(β版)商品管理のリリース前よりご利用の企業様の場合、チェックが外れています。
ページ作成やサイトへのアップロードを行う場合は必ずチェックを入れてください。

5:【店舗情報を更新】をクリック

内容が保存される

これで設定は完了です

STEP4 在庫APIの処理結果を確認する

処理結果に対して表示されるメッセージ内容をご確認いただき、必要に応じて修正等を行ってください。

在庫更新: ○商品を在庫更新しました

※在庫APIの処理結果
[メッセージ]で表示される商品件数のカウントは、商品毎に行われますのでSKU商品はまとめて1商品でカウントされます。

[ERROR] ユーザー認証に失敗しました

本ページ冒頭の[操作手順]の内容が間違っているときに表示されます。

表示された際には値を修正してください。

アカウントロックエラーが発生しました

間違ったアカウント情報で何回もリクエストをした結果、アカウントがロックされてしまった際に表示されます。

誤りのあった値を修正してください。

API承認情報の削除

【本システム画面】
 
店舗を選択



[API承認情報を削除]
※API承認情報が設定されている場合に表示されるボタンです



API承認情報が削除される

よくいただくご質問

Q.設定したAPI認証情報が間違っていた場合、FTPの正しい値を設定しておけば、在庫連携をFTPに切り替えてくれますか?

A. APIの設定がされている場合、在庫連携はAPIのみで行います。FTPに切り替えられることはありません。

ユーザー認証エラーが表示されたときはコチラをご確認ください。

TOPへ戻る ↑